移住してきたことに後悔はゼロ!

野片義泰(ノガタ ヨシヤス) 出身:埼玉県
広川町内に店舗を構えるベジタブルレストランVegeRes with the terrace代表。
子どもの頃からのペンション経営の夢をかなえるため、学生時代、大学卒業後もレストランなどの飲食店で修行。
10年前に独立し伊豆高原で念願のペンションをオープン。
某大手宿泊検索サイトのエリア人気ランキングで1位を獲得するなど大人気ペンションに。その後子どもの誕生を期に、子育て面を考慮しレストランへの転向を決意、奥様の地元でもある福岡へ移住。サーフィンと美味しいお酒を愛する40歳。

夢を追い続けていたら、
ここ広川に辿り着いた感じです

学生時代からずっと飲食店で働いていました。小学生の頃から、いつかペンションを経営するのが夢でした。
大学卒業後は都内でレストランの店長をしていました。楽しくもあり、勉強にもなり、大変な時期もありました。特に赤字店の経営回復を任されていた時は、気がつくと涙を流しているときもありましたよ(笑)でも、この経験があるからこそ、自営業としてきっちりやっていけるのかなぁって。今思えばですけど。その当時、尊敬する先輩が店長を務める店舗に、スタッフとして勤務していたのが、実は、今の妻です。驚いたのが、妻も子どもの頃からペンションを開くのが夢だったんですよ。そして妻と、10年ほど前に独立して伊豆高原に念願のペンションを開きました。楽しかったですねー。24時間仕事なので本当に忙しかったですけれど。その後、子どもが生まれたのを期に、レストランへの転換を決めました。仕事と子育てを両立できる環境ではなかったですね。その時、「じゃあどこでやろうかー」と悩んでいる中で、妻の地元でもある広川が候補に上がり、ごく自然な流れで決まりましたね。不満や不安はこれと言ってなかったです。

広川はすごく便利なコンパクトシティ。

広川に移り住んでみて率直な感想は、生活にとても便利ということですね。そんなに田舎かというと、そうでもないですし、東京の忙しい時間の流れや、人が多くて雑多な環境からすると、むしろ天国ですよ。
福岡市ってよく「コンパクトシティ」って言われるじゃないですか。空港から博多、天神辺りの街も近くて、小さなエリアで何でも揃う。広川もそれに近いと思うんですよね。空港とか駅はないですけれど。自動車文化の枠で考えると、八女、久留米は近いし、少し走れば博多天神にも行けますし。都市にできなくても、広川町でだいたいのことはできますからね〜。
美味しい外食店がたくさんあるのもオススメです!もちろん、僕は職業柄、研究のために他の街に食事をしに行ったりすることもありますが、広川町内でも十分に食は楽しめます!

―地域おこし協力隊員へのメッセージー

「◯◯郡」表記、好きになってください!!

広川に何か新しいサービスであったり価値観を持ち込んで欲しいと思います。
「福岡の人は外のものを毛嫌いする」とかって話を耳にすることもありますけど、そんな感覚は全く無かったですよ。
例えば、広川は自然と農・工芸だけでなく、工業の街でもあります。税収を支えてくれている工業を盛り上げてくれるっていうのも一つですよね。
あと一つ。これだけは言っておきたいことが。
僕自身そうだったんですが、都市部からこられる人にとっては、住所の欄に「◯◯郡」って書くのに抵抗があるかもしれません。これって、バカにしているとかそういうことでは全くなく、経験がないから若干の抵抗があるというか。表現が難しいですが…何かちょっとあると思うんですよ(笑)
ただ、その抵抗、1ヶ月しないうちになくなりますから(笑)安心して下さい!!
とにかく、広川にはとても良い住環境があります。この町をより活気づけてくださる協力隊の皆様に心から期待しています。
私も力になれることがあれば、どんどん協力していきたいと思います。

VegeRes with the terrace

住所  :〒834-0115
     福岡県八女郡広川町新代999-16
電話  :0943-32-8026
営業時間:ランチ 11:00~15:00
     (ラストオーダー14:30)
     ※夜営業はご相談ください。
定休日 :第3日曜日
URL  :http://www.vegeres.com

エントリーはこちらから

募集要項/エントリー
Copyright 2020 広川町 | 地域おこし協力隊採用ページ